女児に対する強制わいせつ

女児に対する強制わいせつ

強制わいせつについて弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

~事例~
大阪府枚方市に住む会社員Aは、自宅近くのマンションに小学生の女児が帰っていくのを見かけました。
そこでAは、言葉巧みに女児を誘い出し、女児の胸や性器を触るなどといったわいせつ行為を行いました。
女児が家に帰って両親に出来事を報告したところ、両親はすぐに大阪府枚方警察署に通報しました。
防犯カメラの映像などからAの犯行であることが特定され、Aは強制わいせつの疑いで逮捕されてしまいました。
その後、強制わいせつ事件で起訴されたAは、大阪拘置支所に移送されて裁判を待っています。
Aの家族は、保釈に強い弁護士を探しています。
(この事例はフィクションです。)

強制わいせつ罪

強制わいせつ罪は、刑法第176条に定められています
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。」

強制わいせつ事件の形態は、痴漢事件のような単純な事件から、レイプまがいの事件まで非常に幅が広く、悪質な事件だと初犯であっても実刑判決は言い渡されることも少なくありません。
特に今回の事例であり、条文の後半にあたる13歳未満の者に対するわいせつ行為は悪質であると判断される傾向にありますので、できるだけ刑事事件に強い弁護士を選任するようにしましょう。
今回のAはすでに起訴されてしまっていますが、起訴されるまでに示談を締結することができれば、強制わいせつ罪であっても不起訴処分を獲得できる可能性もあります。
しかし、今回の事例のような13歳未満の者に対する強制わいせつでは、示談交渉の相手方はその保護者ということになりますので、示談を締結することは非常に難しいといえるでしょう。
もしも強制わいせつ罪で捜査されている方がおられましたら、早めに刑事事件に強い弁護士を選任するようにしましょう。

保釈

身体拘束を受けたまま起訴された場合、裁判を終えて判決が言い渡されるまで、身体拘束を受けることになります。
起訴された被告人は、基本的に警察署の留置場から拘置所に移送されますが、大阪府下には、そのような拘置所が3か所あります。
それは、大阪拘置所、堺拘置支所、岸和田拘置支所の3ヶ所で、基本的に、その後の刑事裁判を担当する裁判所を管轄する拘置所に収容されることとなります。
そして起訴された被告人は、釈放を求めて保釈を請求することができます。
保釈は、弁護士が担当する裁判所の裁判官に「保釈申請書」という書面を提出し裁判官が認めるか否かを判断します。
裁判官が保釈を認めた場合は、保釈金を納付すれば被告人は釈放されます。
保釈金は裁判官が決定しますが、このお金は裁判で判決が言い渡されたり、判決後被告人が収容された時点で返還されます。
ただ、保釈の条件に違反すると没収されてしまいますので、注意が必要です。
ちなみに保釈は一度だけでなく何度でも請求することができますので、一度保釈請求が却下されたとしても、第一回公判後などタイミングを変えていくことで保釈が認められる可能性があります。


大阪府枚方市の刑事事件でお困りの方、ご家族等が強制わいせつ罪で起訴されて保釈を求める方は『弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部』にご相談ください。
ご家族が身体拘束を受けておられる場合には、弁護士を派遣させる初回接見をご依頼ください。
初回接見、無料法律相談のご予約はフリーダイヤル0120-631-881にて24時間受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー